にきび痕が残ってしまった時のケア方法について

にきびが顔にたくさんできてしまうと本当に憂鬱ですが、にきびがちゃんと治るかどうか心配にもなります。肌質によってはにきびができやすくて悩む人も多く、年がら年中にきびができている人もいます。常日頃からにきびに悩まされていると、肌の状態を確認するたびにがっかりしてしまうものです。

この頃は、高い治療効果が期待できるにきび用の薬が使われるようになって、にきびの治りやすさがアップしています。何とかにきびは治療することができたけれど、にきび痕までは手が回らず、痕跡がそこにあるがままというケースもあります。症状が悪化したにきびは皮膚にダメージを残しますので、シミができたり、にきびがあった部分だけ皮膚がクレーターになったりします。

これらのにきび痕は、お肌のターンオーバーがうまくいっていない証拠でもあります。お肌の再生に必要だとされている栄養をきちんと摂取することで、新しい皮膚がつくられ、にきび痕を解消することが可能です。食事からの栄養補給や、毎日の肌のお手入れで、代謝が促進されることで、にきび痕の解消効果が期待できます。ただし、にきびやにきび痕が気になる場所に薬や化粧品を使っても、一日二日程度では症状は変わりません。気長に肌への手入れを続けることによって、にきび痕を目立たなくすることができます。

一度できたにきび痕を解消するのは時間がかかりますので、そのつもりでケアを続けていきましょう。

pgcd 店舗